新しいスタート

短いような、長いような、1年が過ぎました。

自分にできることはどんなことだろう?と考えて出した結論は、自分が好きな分野や得意分野を通して自分自身の想いはもちろん、‘具体的なことが思い浮かばないけど、でも何かをしたい’、そう考える人達にも役立つこと。それは「被災地に仕事を作る」という ことでした。

魅力的なアイテムを企画し、その仕事の一部を被災者の方々にお願いする、という企画で、具体的にはスワロフスキーの装飾です。革小物などにスワロフスキーを貼り付ける作業なので、小さなスペースでもでき、手芸のように楽しみながらできるのがメリットなのです。

まずは様子を見てみようと、早速あるweb通販に出してみたのですが…残念なことに反応はいまひとつ。
たくさん売れないことには‘仕事’として成立せず、かえって迷惑になってしまいます。

かといっていきなりたくさんのご注文があると、現場は混乱し、かえってストレスが溜まってしまったり…。なので様子を探りながら、でも確実に広げていきたい。そう考えています。

※もし、スワロフスキーの内職をやってみたい方が周囲にいらっしゃいましたら、会社までご連絡ください。

Filed under: その他 — nori 02:55

震災

このたびの東北関東大震災で被災された皆様とご家族、関係者には心よりお見舞い申し上げます。また、お亡くなりになられた方々には心よりご冥福をお祈り申し上げます。 

あれから10日余が過ぎました。いまだ現実のことと受け入れられない自分がいます。 

家や財産、大切な人をなくした方々、避難所で生活をされている方々の辛く不安な気持ちを思うとやるせなく胸が詰まる思いですが、とにかく今は自分にできることをできる範囲で実行していくことだけを考えています。いろいろ悩みましたが、私が出した結論は‘景気をこれ以上悪化させてはいけない’ということでした。不景気のままでは、復興に手を差し伸べることすらできません。

今の私達にできることは、経済を停滞させることなく、前へ、前へと進めて行くことだと思います。

Filed under: 未分類 — nori 22:33

夏のビールはオープンテラスで

昨日は楽しみにしていたJ-WAVEライブ。夏期休暇、しかも15時半スタートということもあり、‘一杯飲んでから出かけましょ♪’と外苑銀杏並木のオープンカフェで遅めの昼食を兼ね、ビールで乾杯!!

普段はどちらかと言えばシャンパンのが好きなのだけど、こう暑いと喉越しにくーーっと来るビールのがしあわせです(笑)

銀杏並木の木陰で飲むビールはさいこー!!

■Shop情報

ロイヤルガーデンカフェ青山 11:00-23:00  年中無休

港区北青山2-1-19港区北青山2-1-19    03-5414-6170

http://www.royal-gardencafe.com/shop_aoyama.html

それから、この夏にもう一度行っておきたい店、パークハイアット東京のビアガーデン。厳密には「デリカテッセン」なのですが、18:00-20:00までは季節でイベントをやっていて、その夏バージョンは「パーク ブリュワリー」というビール飲み放題とシェフのおススメの特製アペタイザープレートで2800円!!やっすーい♪

とはいっても、せいぜい1,2杯しか飲めないのですが…(笑) シェフ特製アペタイザープレートは、ビールとのバランスが絶妙な味のうならせるシロモノです。私のこの夏イチオシの店です。

■Shop情報

パークハイアット東京 Delicatessen デリカテッセン

新宿区西新宿3-7-1-2  03-5323-3635

18:00-20:00(最終入店時間は19:00) 平日のみ

http://www.parkhyatttokyo.com/Event_plan/Pastry/100623_001.html

朝晩はだいぶ秋風を感じるようになり、街では晩夏ファッションが目立つようになりましたが、夏の名残りを惜しみつつ、でかけてみようと思います。

Filed under: ライフスタイル,食を愉しむ — nori 22:45

待ち切れず、新しい手帳を買った

1月に手帳本でおなじみの館神龍彦さん主催「手帳オフ」、そのまた更に少人数の「ミニオフ」などにお邪魔させてもらったお陰で、自分の中に潜んでいた「手帳を変えたい病」が発症してしまいました(笑)

私の手帳歴は中学生からで、高校生のときから「革手帳」を愛用するほどなかなかのマニアック路線なのです。仕事がハードな会社員時代から最近まで、ここ十数年はずっとシステム手帳を使っていたのですが、最近は仕事の性質が変わったことや、デジタルツールの環境が良くなったことから、‘スケジュールだけを書く、ミニマムな手帳が欲しい’と思うようになり探していました。

文具好きのワンダーランド「伊東屋」さんへ足を運ぶこと8ヵ月!!ようやく‘これっ!’と思えるものと出会えたのですが、始まりは9月から…(苦笑)。3週間のお楽しみつき、ということで今からわくわくしています。

+++ 手帳の使い方を変えてみた +++

今までと大きく異なるのは、何と言っても「使い方」。

今までは、A5サイズ厚さ2.5cmの白い革のシステム手帳で、全ての情報をそれにはさみ持ち歩いていましたが、パーティや会食会、またプライベートなど、システム手帳を持ち歩くのが野暮なシーンも意外と多いもの。かといって、スケジュールを確認しなければならないシーンは日常頻繁にあるもの…。

そこで、スケジュールの部分だけをコンパクトにした、「本来の手帳」に戻ることにしました。祖先返りというわけです(笑)

システム手帳で活用していた機能、「資料を挟む」「案件ごとのメモ」ですが、

■資料を挟む  A5サイズのクリアフォルダーに挟み、必要な場合ときに持ち歩く

■案件ごとのメモ 打ち合わせやアイディアネタは、全てA5ノートに集約。罫線でなくて方眼なのも重要なポイント!!頭の中のことを履きだすツールなので、‘アイディアがどんどん出てくる’書きやすさと、そのノートを開くとテンションが上がることも私の中では大切です。Rollbahnやマルマンの「Mnemosyne」を愛用しています。

A5にこだわるのは、見開けば「A4サイズ」なので提案書のたたき台などとして使えるから。

1)スケジュール管理の「手帳」

2)アイディア&打ち合わせ用「A5ノート」

3)資料を持ち運ぶ用「A5クリアファイル」

しばらくこの3点セットでいきますが、3)のクリアファイルは革製でオリジナルを作りたい♪と思っています。

+++ 手帳の仕様 +++

おそらくA6サイズ。見開き一週間のバーティカルタイプで、このタイプは体に馴染んでとても使いやすいのでシステム手帳時代から変わりません。

気に入ったポイントは、「余白が多い」「罫線などが薄い」この2点です。

案件が集中するとき、自由な時間が多いとき、年間でも波があるため、書ききれないときはスケジュール部分をはみ出して書く場合もあります。そんなときに罫線が薄いのはとてもありがたいのです。

下部約1/2はフリースペースなので、ケースバイケースでデイリーとウィークリーのTO DOを書き分けられるのはなかなか使いやすそうです。こちらは9月になり実際に使い始めてから、またご報告しますね。ダイゴーというメーカーで、今、伊東屋さんにずらっと並んでいます。

もともとはこの黒いビニール表紙がついているのですが、手帳オタクの私はこれでは満足できないので(笑)、革のカバーを予約してきました。

むふふ♪白い革で、生産中止のところをメーカーさんに探してもらい、何とかゲットできました(^0^)

ゲットできなかったら、どこかでオーダーしようと思っていたほど上品で素敵なアッシュフォードの革手帳です。

届くのが待ち遠しい~♪

Filed under: 仕事道 — nori 09:05

ドイツ製手帳「x17」のお披露目会

今日は手帳本でおなじみの館神龍彦さんが主催する、「手帳オフ」です。

『会社員時代はこの界隈のクライアント数社の山ほどの宿題で景色を楽しむ余裕なんてなかったな…』となどと懐かしい気持ちで丸の内を歩くこと5分@大手町JAビルITメディアさん会議室。こんな素敵なオフィスビルです。

実はこのオフへの参加は2回目で、前回は「自作レフィル」の会。(この話は別の機会に改めて…)今回は新しく日本で発売されるドイツ製「X17」のお披露目モニター会議でした。

■第一印象は「ひとめ惚れ」 

手に取った第一印象は、スマートでクールな容姿にくらっと「ひとめ惚れ♪」。システム手帳にある金具がなくなったことで全体の印象がすっきりスマートになり、手帳というよりまるで本を持っているかのような印象です。持っているだけで「知的な雰囲気」になれるツールは、ちょっと嬉しかったりします(笑)

スッキリ感を後押しするように、キリリとしたブラックの堅めの表紙はロゴなどが一切はいっていないため、持つ人の雰囲気に柔軟にあわせてくれるフレキシブルさがうれしいポイント。シールとか貼ってカスタマイズもしやすいですしね~へへ。

■使い方は開いて「二度惚れ♪」

普段の私は、スケジュールとともにプリントしたメモやハガキ類をはさめる大きさが必要なので「A5システム手帳」と、アイディアや提案書のベースを書きためる「A5ノート」を併用しているのですが、後者A5ノートは見開いてA4サイズに見立てて使用することが多いのです。

そのとき、リング部分で分断されるのがどうも心地悪かったのですが、この手帳は写真の通り気持ちよく見開きA4として使えます。そしてうれしいのは、リングがないので(右利きの場合)左側もストレスなく普通のノートのように書けること!この手帳最大の特徴かも知れません。

実際手に取ってみると机の上に平らになるのに驚き、「えっ!?」と改めて構造をチェックしてしまったほどです。 4冊の背の高さの上で書くことをイメージしていたのですが、スライドするので実際の高さ(厚さ)は約1cm…だから書きやすいのです。

■気になるところ

ひとめ惚れしたものの、両目でじっくり観察すると気になるところは出てくるものです(笑)。束ねているゴムがあまり好みでなかったので早速カスタマイズ。ちょうど先日オープンした池袋西武の手芸売場(これがすごいの!!後日書きます)で買ったフランス製のブラック&ブラウンのリバーシブルのサテンのリボンがあったのでチェンジしてみました。キュートなガーリー仕様、完成♪♪

それからレフィル。紙質は好みなので一概には言えませんが、筆圧が強い人には不向きかも知れません。

■デジタルツールとの併用

スケジュールはまだ手元にないのですが、そう多くのバリエーションはなさそうな気配です。自分の欲求全てを満たしたものは世の中にはなく、どこか妥協をして折り合いをつけるわけですが、多様なニーズに対応したものを探すことにストレスを感じ始めたので、ここでいつそのこと「スケジュール欄」に折り合いをつけて見ようかと考えました。

スケジュールをデジタルツールとアナログ(手帳)で併用で管理するのはブッキングの元であまり好ましくないなので、デジタルツールをベースとしデジタルの情報をプリントして手帳に挟み使用する、という使い方をしてみたいと持っています。

会社員時代にイントラからプリントアウトして手帳に挟んで使っていたのを、ツールが変わるだけのことなのですが(汗)「スケジュール欄を使わない」という選択肢は、私の手帳人生約30年の中であり得ない選択肢だったので、かなり思い切った決断なのです。

それほどまでに心を動かす画期的な手帳「x17」、発売したら是非店頭でご覧になってみてください。

Filed under: ライフスタイル,仕事道 — nori 08:43

喜んでもらえるプチギフト

 

091213_1109~01最近のヒット商品は、これ!

ランドレスというブランドの「リネンウォーター」です。

リネンウォーターは、気のきいた雑貨ショップやオシャレなセレクトショップには‘必ず’といっていいほど置いてあり、また、ファッション誌にもよく登場するおなじみアイテムですが、使い方について意外と誤解されている事実を知りました。

「リネンウォーターって、アイロンかけるときにする、スプレーでしょ?」…と、(私の周りの)大半の人がそう思っていたたようです。

ちがーーっ!!(笑)

わかりやすくいうと「ファブリーズ」のようなもので、衣服などのファブリック(布地)の消臭が目的なのです。

店でついてしまったタバコや煙のいやな臭いが、シュッ!とするだけで消えるのです。この時期、あまり頻度高くクリーニングに出せないコートなども、シュッ!とするだけでさっぱり♪

消臭だけでなく抗菌効果もあるからでしょうか?効果はすぐに実感できます。

また、香りがいくつか選べるのも魅力のひとつ。女性らしい「レディ」の香りも華やかですが、ランドレス定番の押しつけがましくない上品な香り「クラシック」が、男女共通で使用できるので人気のようです。

これで、なんと945円!!(TVショッピング並みに宣伝したくなる、可愛いプライスも魅力的!!)

ボトルの首の部分にリボンをつけてあげると可愛さ満点なのです♪友達にプレゼントをしたらとても気に入ってくださり、会社のノベルティとしてご採用いただきました。今、ギフト専用箱を作っていて明日納品になります。新年食事会などで、久しぶりに会うお友達へのプチプレゼントなどにぴったり!

Four Greenバイヤー、イチオシアイテムです。

Filed under: おしゃれ心 — nori 11:42

松田聖子さんのディナーショー

091217_1819~01

前回行ったのは2006年。以来3年ぶりの松田聖子さんのディナーショー@新高輪PHは、とてもとても楽しいひとときでした。

聖子さんというと若いころは「可愛い」が代名詞でしたが、40代後半の聖子さんは大人の女の艶っぽさもたっぷりで、同性の私ですらただただ魅了されるばかり。歌う姿も魅力的ですが、客席とのコミュニケーションをとりながら上手に盛り上げ彼女自身が進行していくディナーショーは、金額以上(@48,000)の楽しさがあります。『さすがプロだわ…』とそんな感動もあったり。機会がありましたら、是非、行かれてみてください。

その後は、広尾のスナックに移動して、友達と深夜遅くまで聖子ちゃんメドレー(笑)!!帰りのタクシーでも鼻歌が止まらない始末です(爆) 

あぁ、本当に楽しかった♪

今日はイブ。今年は早めに仕事納めをして既に年末年始休暇のため、のんびり過ごしています。せっかくのイブなので、聖子ちゃんのディナーショーでも着た‘この時期限定’の赤いワンピースを着て出かけたいのですが、表参道も六本木も、イルミネーション渋滞を考えると…悩みます。。でも、せっかくのイブなので街に繰り出さないともったいないので楽しんできます。

091217_1817~01

Filed under: ライフスタイル — nori 10:09

シガーバー

091108_0056~01案件がひと段落した土曜日夜。ずっと仕事漬けで、リフレッシュしたいなぁーと思っていた瞬間、携帯が鳴った。

先日の旅行の主催者でもあるお友達からで、普段、プライベートのブログでは交流があるけど、考えてみたら前回お目にかかったのは2,3年も前のこと。その蟹を食す会は初参加なので、失礼があってはいけないと、現地の方へのおみやげのこととかメールをしようかと思っていた矢先だったので、直接伺うことにした。

…というのは口実で、ホントは「スポーツカーを満喫したかったから」というのが本音かな(笑) 私の車は20年落ちなので、もう足腰弱ったお爺様なので、たまにしゃきっ!としたものに乗りたくなるのです。

しばしドライブの後、恒例のラーメンに寄っていく予定が、会話の流れで「シガーバー」に連れて行ってもらうことになった。家でくつろいでいた格好のままシガーバーって。。(苦笑)

4,5年前に興味を持ったときも何軒か行ったのだけど、シガーに凝っている人に連れて行っていただくのは初めてなので、かなり期待でいっぱい♪

案の定、広めの落ち着いた空間で、調度品のセンスも抜群。洒落ているのに嫌味がない、素敵な店でした。何より感激したのは、シガーがとてもおいしかったこと。そして、‘シガーという充実した時間の過ごし方’を知ったことでした。

友達と吸うのもひとつの楽しみ方ですが、考えをまとめたり、アイディア出しのときなどには、是非お供にしたいアイテムのひとつです。

近々、極上のモノを味見させていただる機会がありそうで、今、いちばんの楽しみなのです。

Filed under: ライフスタイル — nori 23:51

おいしい旅

車仲間が、毎年11月の蟹の解禁に合わせて開催している「福井に蟹を食べに行く旅」に行ってきました。今回で19回めだそうで、当時の青年たちも、もはや…(笑)

東京近郊組の車に便乗させてもらい、大雨の深夜の東名高速を一気に福井まで。私以外のドライバーは、普段はサーキットを走ったりする上手な方々なので、運転は安心なのです。行きは懸念していた渋滞もなく、あっという間に福井ICにつきました。「1400円」の高速料金をみたときは、一同、感嘆の声が!(笑)

夜の宴会まで、日帰り温泉(というより湯治場のが近いかな・苦笑)や、蟹祭り、福井観光をして、いよいよ本命の蟹。食べることに専念していたので写真が1枚しかありません(爆) それくらいおいしかった、ということですね。091114_1903~01

 

 

二次会は、地元の方のご自宅を提供くださったのですが、なんと本格的シアタールームやBar(!!)、暖炉などがあり、王道住宅雑誌に出てきそうな、それはそれは素晴らしい「豪邸」で…。

おいしい食べ物、おいしいお酒、楽しい仲間と過ごす夜は、ふけていくのでした。

帰りは、中国地方から参加した方の「京都でお昼を食べようよ!」の一言で、福井駅までの予定が京都まで遠征することになり、一路、京都へ(爆)

秋の京都、しかも日曜日。ふらっとはいれる店なんてあるわけないので、ひとりがおススメの店に事前に予約をして、到着。なんと!鴨川を眺める個室というサプライズなお部屋で、おいしいおいしい水たきをいただき、みんなご満悦♪昼食で約12,000円はかなりいいお値段ですが、あの味、あの贅沢な空間は満足度が高く、決して「高い」とは思いませんでした。

091115_1257~02

また来年も、皆、元気で、楽しい時間を過ごせたら幸せだなぁ…と思い、帰路に向かいました。

今回の主催者やご一緒させていただいた方々とは、気がつくとかれこれ15年ものお付き合いで、利害関係なく、純粋な「趣味の世界」の友達なのです。このような世界を持てたことを、心から幸せに思い、大切にしていきたいと思います。

Filed under: 食を愉しむ — nori 15:03

一ヶ月も!!

 

091012_0150~01早いものですね。前回は、夏の名残りの海の日記でした。オープンカフェで、まったりおしゃべりをしていたのでしたっけ。

今日あたりは、ジャケットがないとダメなほど気温が低く、秋もそろそろ晩秋の気配を感じます。

今、深くかかわらせていただいている某案件が終盤を迎え、最後の詰めに入りました。媒体は年明けのリリースですが、今月中には物撮りを終え、原稿が上がれば私の仕事は9割は終了です。年明け、その先にいらっしゃるお客様の反応が、早く見たいような…怖いような。。

いぇいぇ。まず自分自身が「150%」自身を持ち、クライアント、そしてその先のお客様、それぞれの立場になって「good!」と思える提案しかしないので、そのプロジェクトはきっと成功するでしょう。詳細は年明けに、また。。

****

そのお仕事と別件もあり、先週は静岡と京都に行っていました。

静岡と言えば「うなぎ」。うなぎは私の大好物なのですが、天竜川で獲れた天然もののうなぎの取材です。捕獲量に限りがあるのでむやみに取り上げたくないのが本音ですが(笑)、Four Greenのお客様だけに提供すべく、打ち合わせ中です。あれを食べてしまったら、きっと他の店では食べられなくなるでしょう。

続きは、また改めて。

****

京都では、ホテルオークラさんの日本料理「入舟」で、なんと五千円ちょっともする「すっぽん小鍋のこだわり朝食」を食べてきました!!

こんな(写真・笑)食生活なのに、今日あたり、お肌とってもつるつるなのは、うなぎとすっぽんを食べたおかげでしょうか。あのすっぽん鍋、デリバリーして欲しィ♪

それにしても、京都はいくつになっても楽しいところですね。

今シーズン、もう一度行きたいなぁ。

Filed under: 美は健康から — nori 22:07